勝手気ままな花屋の番長が 苦悩しながら創作した作品を恥ずかしげもなく公開するずうずうしい日記


by 番長

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ

全体
アレンジ 花束
土ものアレンジ 鉢
作り物
琴線
吼える 毒吐き
レッスン
お知らせ
外仕事(庭 ディスプレ-)
ブライダル
店のこと
葬儀 お悔やみ お供え

独り言
イベント
プライベ-ト番長
入荷情報
空豆
野鳥 小動物
母の日ギフト

最新の記事

往く番来る番 ~エンディング..
at 2023-12-31 19:50
Water
at 2023-07-24 12:02
New year2023
at 2023-01-02 12:49
往く番来る番~導かれる~
at 2022-12-31 21:00
11月のお知らせ
at 2022-11-03 23:54
距離
at 2022-10-13 19:31
対峙
at 2022-08-29 02:32
二人展~Black cros..
at 2022-08-28 08:33
長い夏休みをありがとうござい..
at 2022-08-28 07:44
見ている先
at 2022-05-29 08:13

検索

最新のコメント

> syo-kunin..
by sana4413 at 12:49
番長さん あけまし..
by syo-kunin at 08:40
インスタには刺激ありすぎ..
by sana4413 at 19:20
必ずお会いしましょうね。..
by sana4413 at 14:01
番さま 明けまして..
by 茉莉 at 11:00

リンク

お気に入りブログ

kusakiの「この植物...
井上まゆ美のお仕事日和
赤飯番長のひとりごと
Cafe shibaken
里山ガーデン
手作りみつろう蜜蝋キャン...
hurarism
宮崎の花屋 アナーセン
Summer Snow
暮らしの中にあるシアワセ
小さな庭
木漏れ日の庭からⅡ
sillycon76
りえんぞうのあれやこれや・・・
四季の風
あけの秘密の花園
この植物をお買い2
YADOSTA
日々を紡ぐ

以前の記事

2023年 12月
2023年 07月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 08月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月

遊び

遊び_c0102228_23594113.jpg
遊び_c0102228_01576.jpg


こぼれ落ちた小さな実で遊ぶ(笑








カッとなり
思わず感情にまかせて
怒って突き放した自分の大人気ないふるまいに
ほとほとあきれる(笑


相手はまだ10歳にも満たない子供だ。

けど
こちらの苦労も知らずに
当たり前のように
残酷なまでに
無垢に傷つける




どちらも間違ってないが
どちらも間違っている




心を砕いているつもりが
自分本位の考えの押し付けになっていた。




あの不安げに見上げた4つの目を
意味も分からず許しを乞う瞳を
傍から離れようとしない幼い二人を


ワタクシは
知りながら
突き放した
容赦なく





悪いのはどちらだ?









遊び_c0102228_0241129.jpg



多分 ワタクシなんだろう

自分を正当化するだけの
みっともない大人だ
話にならん(苦笑
by sana4413 | 2008-09-03 00:26 | Comments(8)
Commented by at 2008-09-03 11:24 x
私も息子との時間、限られているだけに大切に思う中、極まれに同じような感情に悩むときがあります。私の場合は決まって自分の精神が弱っているときですので店長のとは少し違うかも知れません。
でも、真剣で無垢で不安げで・・・それでも傍で黙って離れようとしない様はいつも私の心の奥底にしまってあります。それと「小さな二人」の様子が重なり、目に浮かぶようでした。
その時の自分への苛立ちや途方も無い空っぽな気持ちは誰にも言い表せず、ただただ不安が襲うばかりです。
不安、自信の無さ、プレッシャーに負けてしまわぬ様、息子と生きていけるようただ前を見て頑張ろうと心に誓う今日この頃です。

店長は二人の子供達ときちんと向き合っているから大丈夫と私は信じています。二人にはその気持ちが通じているから大丈夫と信じています。


時々、気になっているあの「幼い二人」には心強い「家族」が傍に居てくれるからから安心ですね。

またいつか可愛い、あの二人に会えたら嬉しいです☆
Commented by ChuChu at 2008-09-03 13:23 x
そんなにまで真剣に思ってくれる人が側にいることを彼らはきっとちゃんと感じ取っていることと思います。

私はちゃんとわが子と向き合ってきただろうか。。。番長さんの日記を読んで考えさせられました。

子どもと向き合うってホントに難しい、そしてこれが正解なんてものはなくって、答えが出るのはずっと先。。。もしかしから答えなんて出ないのかもしれない。

でもね、私思うんですけど、大人だって間違えることはたくさんあって、「あっ、さっきの違うな~」とか「悪かったな~」と思ったらその都度正直にその思いを伝えればいいと。。。謝ればいいんじゃないかと。。。そう思います。

軌道修正はいくらでもきくんじゃないでしょうか

大人だとか子どもだとかじゃなくって人間同士ですもんね

番長さんの生き方を見せるだけで学ぶこと多いと思うしね^^
Commented by 都筑区~♪ at 2008-09-03 14:27 x
こどもってわがままで、憎らしくて、手が掛かって、本当に大変。
でも、可愛くって、愛おしくって・・・宝物ですよね。
伝わってますよ。大丈夫!
大好きなSANAおばちゃんがなんだか怒ってるぞ。
どうしようっていう顔が見てみたかったなぁ~。
人はこうやって誰かに愛された記憶があれば、自分の命も他人の命も大事にできるんじゃないかと思います。
親じゃなくてもね!仕事でこどもと寄り添っていた頃、よくそんな事を感じました。
そして、そのつぶらな瞳にいっぱい勇気もらったなぁ~。
価値観の押し付けになっても、伝えなければいけないと思ったから、本能的にでた行動なんでしょうね~。
私の場合は、自分が親に叱られたような事をそのまま子供に言ってるような時が多々ありますよ。

Commented by sana4413 at 2008-09-03 19:48
M
ありがとうね
なんだか泣けてきた(笑

あの覗き込むような目

忘れないだろうな きっと(笑

Commented by sana4413 at 2008-09-03 19:51
ChuChu さん

おお 久しぶりです(笑

いや なんか無駄にジタバタじておりますよ(笑
大人も勝手なもんです。

親代わりなど到底できない 
このような欠陥商品のようなワタクシなのですから。
Commented by sana4413 at 2008-09-03 19:55
都築区の方

予想外の怒りに対して
どう対処していいやら分からない二人

なんとかワタクシの気を引こうとする二人

傍を離れない二人

必死に理由を考える二人


・・・自己嫌悪ですよまったく。。
Commented at 2008-09-03 22:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sana4413 at 2008-09-07 10:13
レッド様
(すっかり見落としましたソ~リ~☆)

本気にさせられるととでも言いましょうか(笑
望む望まざるに関わらず
傍観者の立場から当事者の領域に入りこみました。

その大変さ
日々対戦してるお母さんに敬礼します(笑

中学校や高校に入ったらもう
こんな風に掛け値なしに絡むことは出来ない。
体力があるうちに
体当たりしますよ(笑)ド~~~ンと☆