勝手気ままな花屋の番長が 苦悩しながら創作した作品を恥ずかしげもなく公開するずうずうしい日記


by 番長

通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
アレンジ 花束
土ものアレンジ 鉢
作り物
琴線
吼える 毒吐き
レッスン
お知らせ
外仕事(庭 ディスプレ-)
ブライダル
店のこと
葬儀 お悔やみ お供え

独り言
イベント
プライベ-ト番長
入荷情報
空豆
野鳥 小動物
母の日ギフト

最新の記事

ホワイトクロス ブラッククロス
at 2018-11-12 21:09
マルシェドノエル閉村
at 2018-11-11 19:38
マルシェドノエル
at 2018-11-08 20:59
マルシェドノエル水戸 会場マップ
at 2018-11-03 21:58
クリスマスレッスンのお知らせ
at 2018-10-28 15:58
金曜土曜クラス生徒作品
at 2018-10-22 02:57
水曜クラス生徒作品
at 2018-10-22 02:42
眠い、、、
at 2018-10-19 19:54
今週のレッスンの持ち物
at 2018-10-15 10:05
Marche de Noel..
at 2018-10-14 12:59

検索

最新のコメント

K様 コメントまでありが..
by sana4413 at 21:02
この度は大変お世話になり..
by k邸 姉 at 22:20
あんたもマナ-としておば..
by sana4413 at 10:12
遠くミラノの地から笑わせ..
by january_4stars at 20:53
いるといいね(笑)
by sana4413 at 17:29

リンク

お気に入りブログ

kusakiの「この植物...
井上まゆ美のお仕事日和
赤飯番長のひとりごと
Cafe shibaken
里山ガーデン
手作りみつろう蜜蝋キャン...
hurarism
宮崎の花屋 アナーセン
Summer Snow
暮らしの中にあるシアワセ
小さな庭
木漏れ日の庭からⅡ
sillycon76
りえんぞうのあれやこれや・・・
四季の風
あけの秘密の花園
この植物をお買い2
YADOSTA
日々を、紡ぐ

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月

巣立ち

c0102228_22513382.jpg





姪が山梨の大学の寮に入ることになり
先日早々と家を出ることになった。

中高とサッカ-に明け暮れた姪
真っ黒に日焼けした顔で
毎日学区外の高校へ通った

母が彼女が小学生の低学年の時、がんで亡くなり
小さい弟と父である兄と母不在のまま過ごしてきた

兄は時間の取れない激職を辞め不慣れな家事をしながら
男手で無骨ながらも娘にまっすぐ向き合って育てた


しかし彼女の思春期は規格外で
まあ単なる反抗とかのレベルを超えてた

ワタクシも母も
傍から見てるだけでも別人のようになっていく姪に
なすすべもなく ただ何かのせいにしてやり過ごしてた

ただひとり
逃げない兄を除いては
遠巻きに腫物のように
嵐が過ぎるのを待った



悪夢のような日々
平成積み木崩しみたいなあの頃が
今はもう嘘のようだわ










あんとき思ったのは
親の愛情が
どれだけ深いのかって事(笑
兄がどれだけ
姪にあらん限りの愛情を注いでいたかってこと
彼女の盾になり傘になり続け
消して彼女をあきらめなかった
もう最後は力使い果たして死んじゃうんじゃないかって思うぐらい


糸の切れたタコのようだった彼女は
最後の最後にわれに返る
そして元居た場所へ
戻ってきた



その姪も高校を卒業し大学へ。
自分の進むべき道をもう知ってる
迷いのない瞳で
自分と同じぐらい大きなバックパッカ-みたいなリュックを背負って
両手にも更に大きな荷物を持って

「行ってきます」とワタクシに言いにきた



真っ黒な顔して(笑


「ちょっとまて」と慌てて部屋戻って
財布からクチャクチャの一万円札を取り出して
「餞別」と言って
姪の手に握らせた


「頑張れよ」と肩を叩いて





大人になって(笑

もう父と離れて暮らすんだな
18年しか生きてない(笑
あの日添い寝をして寝かしつけた幼子は
もうどこにもいない



何もできなかった
何もしてやれなかった


それでも

彼女は越えて
そして
新しい世界へ







   なんか親ってすごいね(笑)


   子供育て上げるってすごいね
  そのためには自分なんて捨て身だわ

  その覚悟たるや



もう
    頭下げるしかないです(笑)





  寂しいだろうな兄貴も





 あ 自分もだ(笑
嬉しいような
寂しくて泣きたいような


そんな気持ちだ




※とりとめもなく(笑



























by sana4413 | 2018-03-10 22:57 | 琴線 | Comments(6)
Commented by 安西 at 2018-03-11 01:42 x
巣立ちしていくんですね、無償の愛は姪っ子さんの未来に大きな力を与え
自信に繋がるのでしょうね。涙が出ました。
頑張れ!!
Commented by sana4413 at 2018-03-11 10:36
この深い愛情で守られたことに気づくのは
彼女が社会人となり
自分の力で生きていく時が訪れた時だろうか。
あるいは
彼女を守るべき相手が代わり
その手を離したときだろうか
いや
人の親になったときなんだろうか(笑

Commented by 茉莉 at 2018-03-11 11:06 x
深い愛情で守られたこと…
姪御さん気がついていらっしゃるのではないでしょうか。
感謝の気持ちを伝えるのはなかなか照れくさいもの、特に身内であれば尚更のこと(笑)

姪御さん、頑張って^^
Commented by sana4413 at 2018-03-11 11:20
ありがとうございます。
それを分かってもらおうとは
親は思っていないのだと思いました。
だからこその無償(笑
ワタクシも姪には頑張って欲しい
Commented by 安西 at 2018-03-12 00:43 x
無邪気に笑えた時、それを家族に分けてあげたいと思い、怒りに震えた時、悲しみに勝てないとか、お母さん!お父さん!って叫んで、自然の素晴らしさを見た時、番長に教えたいと思い、子供を産んだ時、先祖に感謝していく、姪っ子と甥っ子がいるのでしょうか?
Commented by sana4413 at 2018-03-25 17:29
いるといいね(笑)