勝手気ままな花屋の番長が 苦悩しながら創作した作品を恥ずかしげもなく公開するずうずうしい日記


by 番長

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ

全体
アレンジ 花束
土ものアレンジ 鉢
作り物
琴線
吼える 毒吐き
レッスン
お知らせ
外仕事(庭 ディスプレ-)
ブライダル
店のこと
葬儀 お悔やみ お供え

独り言
イベント
プライベ-ト番長
入荷情報
空豆
野鳥 小動物
母の日ギフト

最新の記事

往く番来る番 ~エンディング..
at 2023-12-31 19:50
Water
at 2023-07-24 12:02
New year2023
at 2023-01-02 12:49
往く番来る番~導かれる~
at 2022-12-31 21:00
11月のお知らせ
at 2022-11-03 23:54
距離
at 2022-10-13 19:31
対峙
at 2022-08-29 02:32
二人展~Black cros..
at 2022-08-28 08:33
長い夏休みをありがとうござい..
at 2022-08-28 07:44
見ている先
at 2022-05-29 08:13

検索

最新のコメント

> syo-kunin..
by sana4413 at 12:49
番長さん あけまし..
by syo-kunin at 08:40
インスタには刺激ありすぎ..
by sana4413 at 19:20
必ずお会いしましょうね。..
by sana4413 at 14:01
番さま 明けまして..
by 茉莉 at 11:00

リンク

お気に入りブログ

kusakiの「この植物...
井上まゆ美のお仕事日和
赤飯番長のひとりごと
Cafe shibaken
里山ガーデン
手作りみつろう蜜蝋キャン...
hurarism
宮崎の花屋 アナーセン
Summer Snow
暮らしの中にあるシアワセ
小さな庭
木漏れ日の庭からⅡ
sillycon76
りえんぞうのあれやこれや・・・
四季の風
あけの秘密の花園
この植物をお買い2
YADOSTA
日々を紡ぐ

以前の記事

2023年 12月
2023年 07月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 08月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月

こころの支え2






こころの支え2_c0102228_12563872.jpg
こころの支え2_c0102228_12594531.jpg

この度は 繁忙期に関わらずお休みを頂いたこと 勝手を言いまして大変申し訳ありませんでした。
しかし どうしても
そうしなくてはいけない理由がワタクシの中にあり
宿り木からは代表で長く勤めていいる二人のスタッフを連れて
北海道の美幌にある森音へ行ってきました。



なぜ今 また?と思うかもしれませんが
長い森音との交流をずっとワタクシを通して見つめてきたOとT山
どうしても無くなってしまう前に一度
その姿を見てほしかったのです。


そう森音は 今年いっぱいで10年のそのスタイルに一旦幕を閉じます。
5年前から森音のカフェ部門として片腕としてやってたJちゃんの作る料理も
もう口にすることはかなわない

それともうひとつ
ずっとワタクシを陰に日向に支えてくれたTとOに
何か輝くものを見せたかった

お金では買えない
かけがえのない体験をさせたかった

だから今回のこの小旅行は
森音との思い出を作る事と同時に
苦労を掛け続け それでもついてきてくれた二人に
何かしらの贈り物をしたいワタクシの我儘でもあるのです。



輝く時間は まるでそれまでの事は
「全てこの道に繋がるのだ」と言ってるようだった
それはきっと二人が分かっている

こころの支え2_c0102228_13110084.jpg










こころの支え2_c0102228_13194920.jpg



























そのワタクシの願いに協力してくれたのは弟子屈にある「そもくや」さん(後で詳細を載せます)

シ-ズン最後の冬のカヌ-を特別なプラン「宿り木スペシャル」でコーディネ-トして下さいました。
8月に来たときよりも更に素晴らしい。

川からの風景と静寂の体感
優しい二人のガイドのとの楽しい会話
予想を超える様々なシチュエ-ションに
感動している二人を
連れてきてよかったと心から思えた瞬間(笑
二人の生活の日常を思えば
このような得難い体験は
ずっと心の中でだけ遊べるイメ-ジの中にしか存在しなかったことだろうと思う。
直にその感動が伝わり
それを見ているワタクシがとても満たされた




こころの支え2_c0102228_13252889.jpgこころの支え2_c0102228_13205866.jpg
こころの支え2_c0102228_13124654.jpg



こころの支え2_c0102228_13301908.jpg


      

こころの支え2_c0102228_13305265.jpg





こころの支え2_c0102228_13314360.jpgこころの支え2_c0102228_13322619.jpg
































ここからJちゃんの少しだけ見える厨房の頭を見れるのもこれで最後です。





そう思ったら
泣きそうになる(笑)訪れるたびにどれだけワタクシは元気付けてもらえただろう
夏の旅の時も 「沙奈さんはそれでいいんです」と背中を押してもらった
それがワタクシの力にどれほどなったことだったろうか
ありがとう




こころの支え2_c0102228_13390671.jpgこころの支え2_c0102228_13393751.jpg
こころの支え2_c0102228_7513112.jpg

こころの支え2_c0102228_7515868.jpg



























Jちゃんの絶品パスタとカレ-。 食べ納めとなるともう二日食べ続け最後はおかわりをする始末(苦笑)
森音の店主のSさんがここを一旦クロ-ズするという話を夏に聞いたときに
次の誰かは探さないのかと尋ねると

「それは無い。もとよりJちゃんとだから出来たこと」と迷いも後悔もない旨 まっすぐに伝えられた。
この潔さと このゆるぎない信念が
10年ワタクシをずっと支え 引っ張り続けた理由です
違う形であれ
また再スタ-トを楽しみに出来るのも
この人の強さと人間性故です。
どれだけのものをもらってきたか
言葉では全く伝わる気がしない(笑


でもこの店への感謝は
尽きることが無い







こころの支え2_c0102228_13453488.jpg












こころの支え2_c0102228_13462752.jpgこころの支え2_c0102228_13464236.jpgこころの支え2_c0102228_13470073.jpg






















































そしてもうひとつの支え





「例え店長が 世の中の誰からも理解されなくても 私たちは傍にいます」



そう言ってくれた。





ワタクシが彼らを守っているのではない

ワタクシが内なる自分のこころを
ずっと守ってもらえているのだという事実
だからこそ
惜しげもなく
流れ出るままに
ワタクシの愛情を注ぐのです







ありがとう












こころの支え2_c0102228_7492516.jpg



そして二人を快く送り出してくれた家族の方々
本当に感謝の気持ちで一杯です。
ありがとうございました!
by sana4413 | 2015-11-15 13:49 | 琴線