勝手気ままな花屋の番長が 苦悩しながら創作した作品を恥ずかしげもなく公開するずうずうしい日記


by 番長

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ

全体
アレンジ 花束
土ものアレンジ 鉢
作り物
琴線
吼える 毒吐き
レッスン
お知らせ
外仕事(庭 ディスプレ-)
ブライダル
店のこと
葬儀 お悔やみ お供え

独り言
イベント
プライベ-ト番長
入荷情報
空豆
野鳥 小動物
母の日ギフト

最新の記事

往く番来る番 ~エンディング..
at 2023-12-31 19:50
Water
at 2023-07-24 12:02
New year2023
at 2023-01-02 12:49
往く番来る番~導かれる~
at 2022-12-31 21:00
11月のお知らせ
at 2022-11-03 23:54
距離
at 2022-10-13 19:31
対峙
at 2022-08-29 02:32
二人展~Black cros..
at 2022-08-28 08:33
長い夏休みをありがとうござい..
at 2022-08-28 07:44
見ている先
at 2022-05-29 08:13

検索

最新のコメント

> syo-kunin..
by sana4413 at 12:49
番長さん あけまし..
by syo-kunin at 08:40
インスタには刺激ありすぎ..
by sana4413 at 19:20
必ずお会いしましょうね。..
by sana4413 at 14:01
番さま 明けまして..
by 茉莉 at 11:00

リンク

お気に入りブログ

kusakiの「この植物...
井上まゆ美のお仕事日和
赤飯番長のひとりごと
Cafe shibaken
里山ガーデン
手作りみつろう蜜蝋キャン...
hurarism
宮崎の花屋 アナーセン
Summer Snow
暮らしの中にあるシアワセ
小さな庭
木漏れ日の庭からⅡ
sillycon76
りえんぞうのあれやこれや・・・
四季の風
あけの秘密の花園
この植物をお買い2
YADOSTA
日々を紡ぐ

以前の記事

2023年 12月
2023年 07月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 08月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月

常盤の木

彼女に贈り物をするなど
20年の付き合いで一度もなかったワタクシ

まだ小娘の頃からの付き合いの人は
ワタクシよりも一回り年上の友人です(笑

一年に一度くらいの電話しかせず
数年に一度
本当に気が向いたときに会いに行くぐらい。

タメ語、あんた 呼ばわりは出会った頃から何も変らず(笑
口の悪い会話はケンカしてるようでいつも周囲をハラハラさせる。

けどワタクシ
こんなに優しい人を知りません(笑
そしてこんなに強い人も
今まで出逢ったことがない。

その友人に贈るものは
今ワタクシが持っている力が全て出せるものでなくてはならない(笑
気に入らないものを彼女の手元に置くなぞ
論外なのでね(笑


常盤の木_c0102228_10155736.jpg
どうしてもお礼が言いたかった(笑
今更照れ臭くて
面と向かって言うなど出きず
相応しいものがイメ-ジ出切るまで待っていたら
もう半月過ぎてしまった(笑

まったくこの調子だと
何ヶ月かかるだろうな(笑











つい半月前

ワタクシはこの世界にいなかった。

正気を失い

彷徨った(笑


多分あれが

「曖昧と呼ぶ境界線」だったんだろう。

ずっと小さい頃から見えていたその線は
人には曖昧であったかもしれんが
ワタクシにははっきりと見えていた。
だから越えずにすんだという事だろうな(笑

それまでは。



人は
生きる限りに
自分の理解者を探すもの

その理解から背を向けられたときに
人は何かに迷うのではないかな


自分の存在が疎ましくなり
自分の思考を止めたくなり
自分を否定し
ワタクシは
あっけなく壊れていった





誰が悪いのじゃない
ただ
その孤独を受け入れるべき自分の器が
あまりにも弱かっただけのことだ(笑




店を一週間以上休んでしまう自体が
ありえなかったし
唯一の居場所である店を否定しては
もはやワタクシのいるべき場所など
今生ではありえなかったので。


だからもう自分がどこにいるのかさえ
分からなかったし
いる実感もなく
そこへ体調がつながり
ますます自分を追い込んでいった



外からみたらそれは
他愛ないことだったかもしれないね

誰に話しても
分かられてる気がしなかった(笑


優しい人たちの声も届かない
深い井戸の底のような場所で
一ヶ月半
自分が見失ってしまった答えがどこにあるのか
見つけようとしたが
自力で這い上がることが出来ぬほど
今まで経験したことの無い
闇の中

ワタクシは最後に
病院へ行くことを選んだ。


この無限に思える思考を止めるために。









繋がった電話が命綱だったことを
彼女は知っていたのだろうか?



この時のことを考えると
こうして書いていても
熱い涙がとめどなく溢れてくる(笑


いや嬉しくてだけどね(笑











彼女は
静かに けれど力強く
迷いなど一切存在しないような
絶対の確信のように言った









「あんたを知ってる」


「あんたの全部を知ってる」






「 だ か ら あ ん た は       大 丈 夫 な の よ 」









後日彼女の あのときのあの言葉は
全身全霊であったことを知った。

生き物としての本能のような
消えそうなほどの危機感を
瞬時に理解し

そして持てる力を全て使い
自分の全てをこその声にして
送ったのだと。

ああ そうか
だからあんな神がかり的だったんだな(笑


深く開いてしまった穴は
ワタクシの泣き叫び溢れ出る涙で
埋まっていった。

嬉しいという言葉では軽すぎて
全ての細胞が 毛穴から噴出してくるような
そんな歓びにも似た
涙だったので。


深い愛情の裏づけにある
この絶対の理解を
ワタクシはずっと求めていた


真正面から受け止め
決して目をそらさない
曖昧な否定でも
優しい肯定でも
同情でもなく

ただ1人の人間としての
自分を
深く知ることから逃げない人を
知ろうとすることを
あきらめない人を
求めていた

自分が狂うほどに







「あんたは 苦しまない人生を望んじゃいけないよ


そのためについてくる孤独から逃げるんじゃない




泥にまみれてもがこうと

最後は自分の足で立っている

そうやって今まで 生き抜いてきたの


そういう人生のもとに生まれたの



悩み苦しむことの代償として 何かを生み出す人なの






だからこそ

あたしは あんたが好きなんだよ」












きっとこの日のことは一生忘れないだろう


そのとき確かにあたしは
命に等しい何かを
あんたに救ってもらった

だからこそあたしは
あんたのその心に見合うものを
あんたに贈りたいんだよ(笑




あんたはあたしの常盤の木なんだよ
生きる限り変ることの無い

大きな
常盤の木なんだよ




常盤の木_c0102228_1094844.jpg









「ねえ 沙奈 

あんたが苦しんだのは あんたにとって その相手が その苦しみに見合うだけの価値のある人間だったということよ。


それを忘れるんじゃないよ。」





(笑)参りました。(降参)
by sana4413 | 2009-03-15 10:28 | 琴線